備忘録

備忘録をかねたアウトプット

食べきれない

ファミリーマートの明太ポテトサラダばっか食べて生きている。

 

近状報告をしたい。

 

1つめはDREAMの1次が落ちた。

受かるとも落ちるとも思っていなかったというか、軽すぎる気持ちでエントリーしたので当然の結果なんだろうなと思うのも同時に、

人に負けた、ということが不快指数が高い。

多分来年もやる。

まだチャレンジできる猶予があるのに易々と諦めてたまるか馬鹿野郎

 

2つ目、コミュニティデザイン学科1年生によるイイナコレクションを12/12に開催します。

 

それのディレクターというかなんというか、その1番上になってしまったらしい。

単純に声がでかいだけの私だが。

他薦で選んでもらったからにはやりきりたい。

 

声がでかいし赤なので常にそういう立場にいると思われがちだが、実はそうではなくて、

 

中学時代生徒会執行部の庶務として裏から会長と副会長を使っていた事実。

 

行事の資料作りから会長の挨拶文まで作って、当日温く過ごすのが私の役目だった。

 

そもそもウラオモテサクラで言えばウラ専門だったし、いつからこうなったのかは自分でも分からない。

 

たぶん表舞台に立つことに罪悪感を感じ続けていた中学時代、表現しきれないもどかしさで結局裏方に逃げていただけなのかもしれない。

つくりたいステージを誰かに演じさせることでフラストレーションを見ないふり、していた気がする。今考えると。

 

それが滑っても面白くなくても演者のせいにしてしまえば私は悪くないって思える。

 

 

オモテが出来なかったのはたぶんこどもたちの前に胸張って立てるジュニアだと思っていなかったから。

子どもたちが私みたいになりませんようにって思っていた。否、思っている。

 

少し前まで私が私であるうちの記憶をぶっとばしていたが、

私に戻ってまで、こどもたちに悪影響を与えていないかという懸念から逃げるためだったような気がする。

 

全部過去のこと過ぎて今の脳みそでは気がする、としか言えない。

 

 

今どうなのか、と聞かれると、

すべて自己責任というのを覚えた。プレゼンは自分のことしか喋らないので、ウケなくても批評の結果が酷くても自己責任です。

 

自己表現の仕方がわからなくて昔からリストカットやら飛び降りやら内向的な自傷を繰り返していたが、なにかしらに昇華してしまえば意外と自己完結できるということに気づいた。

 

サバサバを通り越してガシャガシャな性格なので、待てないし勢いで生きているし死に急いでいるせいで、声がでかくて赤でリーダーに向いてるように見えているらしい。

 

じつは、そうでも無いんだっていう吐露です。

 

ここでしか言わないし言えないが。

わざわざリンクとんでくるような物好きの方々へ。

きっと私のことが大好きか大嫌いの2択なんでしょうが、どちらであってもどうでもいいです。

 

誰かに知って欲しくてたまらなくて、自分一人で抱え込むのがキャパオーバー過ぎてこんなにつらつらと書いているので。見ているあなたがたが私のことをどう思ってようと、面と向かって言われない限りはどうでもいい。

 

今これを書いているこの瞬間BARにいますが、一滴もお酒を飲んでいないのに場酔いしている。というかライブ帰りで脳内物質がごちゃごちゃなのでかけている。

 

長い文書を書いていなくて自分の気持ちすらごたごたのままどこにも吐き出せないまま腹の底に溜めて腐らせてしまっているので少しリハビリです。

 

 

こんなところまで読む物好きにはきっとバレているというか知っていると思いますが、

2年半程連れ添いましたパートナーと5月にお別れしました。そうですね、みなさんご存知のあいつですが。  

理由は色々あります。とっても色々。私は私がいちばんかわいいですが、それ以上に彼に愛されているわたしが好きでした。愛されているからこそ、私が好きでした。

 

色んなことがこのままいったら破綻してしまうと思ったのでお別れしました。悔いはないです。 

 

現在5ヶ月経ちましたが、彼氏が出来ました。と言うご報告です。

ご報告だけです。 

大学で保育を勉強していた人で、この前卒論に使った資料を山ほど貸してくれました。

 

前の男を悪くいう趣味はないので何も言いません。

御報告だけです。が、DREAMの1次いったときに知り合い?って聞かれて思わず爆笑してしまった。知り合いもなにも、な?って感じでしたが。

 

 

 

最近は寝坊が激しいです。こころは安定しつつありますが、サマキャンとみやぎっこの夢みて久々に発作起こして記憶を飛ばしてしまった。

久しぶりすぎて自分でも訳が分からないくらいケロッとしているけど。

 

DREAM落ちたのがやっぱりなんかしんどくて、デザセンできらきらした高校生たちが大学に沢山来ていて、

 

もう高校生ではないという劣等感。

いや、歳なんか時間が経てば勝手にとる物だから劣等感もクソもないけど、

制服と夢を纏った高校生たちに勝てるものが今何もなにも無い。

 

何も無い。

 

私には今何も無いので、なんにでも慣れるってスーパーポジティブな私が言っていた。

何も無いまま地元には帰れないのでもっと頑張れとも

 

 

やるか死ぬかしかないいつもデットオアダイなのは昔から何も変わっていない。

 高校の時から変わったのは結局制服を着ているかいないかだけで、

勝手に腐ってしまったと思っていただけで案外変わっていないのかもしれない。しれない。そう信じたい。がんばりたいから。  

 

昔と違って今は助け合える仲間ができたから、たぶんできる。やるしかない。

 

 

2トップがんばろーねしゅんた、

 

 

日記

目をつぶって見える花火が綺麗だから目を開けたくない。ぱちぱちした赤いイナズマと白い光がうようよ動いている。結局目を開けたところでなにもみていないのだからいみがない。

中学生のときすきだったあの人はもうあの人ではなくなってしまったしわたしもあの頃みたいに馬鹿ではなくなってしまった。今も馬鹿馬鹿しい恋愛に夢を見ている阿呆にちがいはないけど。

だいすきだった倫理の教科書をめくっても、あの時夢中になったアリストテレスはなぐさめてくれない。

過去を夢みて眠っても絶望しか夢に見ない。

明日が希望に満ち溢れてなんていませんように。胸焼けがする。 明日が輝かしいものであってほしくない。そんな明日いらない。

もし今までの恥辱も人生も全てなかったことになるとしても希望なんていらない。そんなの私じゃない。

いらない未来を描いて眠る。

夢の中だけでいいから夢を見させてください。夢の中しか帰るところがない。 

使い古したタオルをぐしゃぐしゃに濡らして起きた夕方、目やにで目があかなくてまた眠る。

なにも欲しくないけど、誰かを好きでいたいと思った。なんにもあげるものは無いからせめてめいっぱい好きでいたいと思った。好きでいさせてくれるなら正直誰でもいいなと思ってしまった。

誰でもいいなら私にしてよ。そんなつまんないこと二度というなよ。つまらないから。

二度と目覚めたくない。

買い集めたものの山。なにかだったゴミ。ぜんぶおかねだったんだな。

なんのための私。なんのための今日。

 

 

ワッフルコーン

タイトルをこの時点で決めかねている。

 

事例研究が終わった。

 

結論からいうとこんだけ堕落した生活をして、散々学生という権利を放棄している気も関わらず

 

島ヶ原のおかみさんの話を聞いて泣くかと思った。

この人たちの期待に応えなければ行けないと思った。

 

自分が単純すぎて笑けるが、

単純だからこそ受け入れられ他と自分を正当化したい。

 

八方美人も笑っちゃうほど子供の頃からいわゆる地域の大人の懐に入るのが得意だった。

両親共働き故に文字通り地域で育てられた私が身につけた処世術たち

 

その人の求める親族を演じること、

孫でも娘でも妹でも姉でも

 

近しい人物の立場にするっと入り込む。

田舎特有の閉じたコミュニティに入り込むいちばん手っ取り早い方法だな、と少ない実践の場で実感した。

 

私が全てにおいて得意なのはフリであって本物には所詮慣れない。

 

そのフリが自分の首を永遠に締め続けていることを頭では理解していても辞められないくらいには得意

 

 

フリもフリで自分さえもだまれせば擬似的に出会っても本気になれるものでここまで来てしまった。

 

最高に気持ち悪い言い方をするのであれば、私の中の天使と人間と悪魔がいて、

 

希望に満ち溢れた未来を描く私が時間と金を浪費する私を嘆いている。

 

世をするすると渡る自分とのギャップとジェラシー出来にかける私、にんげん。

 

 

表面的に活躍する私も、ゴミクズ上等な私も、永遠に成長できない幼女同然の私も、

所詮全部頭の中の妄想劇にすぎない。

 

事例研究期間中の脳内会議もとい葛藤の忙しさ。

 

素直に地域の方々の歓迎に感動しながらも覚めた気持ちが拭えない。頭の隅で地元と比較しながら意味の無いホームシックに駆られていた。

 

フリも特異だけど

脳内補正と記憶の美化、自己正当化が特技でもある。

 

正直味覚障害摂食障害で食べたものの味なんか分からないのにおいしかった、とあたかも心から味わったような感想がお経みたい諳んじることができるのはとくぎのおかげなんだろうな。

 

自分のやることなすことに自己嫌悪になることは簡単だけど、

正しかったと正当化するのにはエネルギーがいる。とっても。

 

 

どこかで書出すなり言うなりしなければこれは正しいんだよね?とひとに問いようが無い。自分を正当化する上での重要なことは他人からのウン、の一言しかなかったりもする。

これでよかったんだ、と声に出せて初めて時分が悪者のゴミくそではなくなる。

そういうもの。

 

 

たとえフリ出会っても正当化だあっても、書き換えられた記憶であっても、

 

島ヶ原のおかみさんからまたきて、と言われたことは事実である。事実は事実。

 

今日も人に嫌われなかったと安堵して目を閉じる。浴室ロンリー反省会。

 

 

フリだったとしてもなんでも、

わたしだやりたいとおもっちゃったんだから、わたしがなんとかしなよ。

1回志したことを中途半端で全部ぶん投げて生きられるほど自己肯定感も高くなければ他のことをいちから始める根性も時間もセンスもない。

 

惰性に似た状態で後期からも学校に行くんだろうな。

 

 

病気だから、ということを言い訳にしてサボっているとしか見えないけれど

病気だと思い込まないと自分がゴミクズすぎてうっかり13号線の真ん中で寝たくなる。

 

それでもなんとかして生きて人並みの人に見えるように生活をしている。

今日も生きている。

 

今日も生きているという事実だけを褒めたい。

 

昔描いた女子大生としての生活とはかけ離れているかもしれないけど、これが現実で私で、限界でしかない。

 

全ての選択肢が正しかったとはいえないけど、正しくなくとも選んだのは私なのでやるしかない。

 

明日死ぬことを決め込んで散財してしまった夜明けでさえ、私が選択したことであって

そのあとのしわ寄せで生きるのがさらに嫌になるのも私の選択の結果

 

だから事例研究にいったのも、関西を選んだのも、

大学に入ったのも私の選択。

紛うことなき私の選択。私の選択。

 

生きづらいくせにさらに自分を生きづらい見た目にしたのも私。

 

健康になりたい、普通になりたいって願うくせに、普通になりさがってしまうことが怖い。

普通になったらなにで自分を肯定してあげたらいいのか分からない。

 

普通になりたい。

 

 

 

何もしてない夏休み。何も出来ない夏休み。

みんなが死ぬ気で頑張ったサマキャン、

私も頑張ったけど死ぬ気ではない。

 

死ぬ気で頑張れるのが羨ましい。

 

常に背水の陣でしか動けないのは昔から変わらないけど、その水にそそのかされても動けなくなった。

 

嫌いで嫌いで嫌いでたまらないひとを嫌いだ、と目の前で言ってしまう。

 

口から出る言葉が信用ならない、

 

 

肘折温泉にいくといいましたよね、

行けていません。

 

肘降りに行く予定だった5日をただひたすら無駄に過ごしている。

なにをする訳でもなく。

 

録画していたテレビぐらい消費したいなとおもっても見れない。継続して画面を見続けられない。

 

たらたらと時間をかけて意味の無い文章をこうやって綴っているのさえ億劫

 

さすがに、とおもって溜めすぎていたゴミをゴミ袋にぶち込んだけど

ゴミ捨て場までは行ける気がしない。

 

 

 

春から自炊しようと決めていたけれど無理だ。

部屋を散らかす天才にキッチンを与えても腐らすだけ。

前科2

次はない。

 

隣のままに買ってもらった炊飯器も8月どころか7月に使ったかも怪しいくらい。

 

正直死にたい。今すぐ実家にかえってママに泣きつきたい。

 

悲しいことに優しいママは私の幻想の中だけの存在で、現実には存在しない。

そろそろ妄想で幸せで面白い家族を作りあげて幸せな振りをするのはやめた方がいい。

 

同級生の家族が幸せそうで気が狂いそう。

 

つらそうでも、誰になにされてても、どんな扱いされてても理不尽に怒鳴られてても、

どうせこいつには無条件に味方してくれるパパとママがいるんだろうなとしか思えない。単純な僻み

 

幸せだと思い込まないとやって行けない。

パパとママはたまに喧嘩するけどなんだかんだ仲良しだし弟とも仲良しださジーチャンもバーチャンもわたしのことかわいがってくれてるとか寒すぎだよいい加減目覚ましな。

覚めたくない。

 

覚めたくない。夢くらい見させて欲しい。

夢にしか拠り所がない。

夢しか帰るところがない。

 

生存

随分前からTwitterのbioからここのURLを消したのにちょこちょこアクセス数があるので覗きに来てくれている物好きの皆さんに生存報告です。

 

 

山形に来てちょうど4キロ太りました。

深夜の虚無感に襲われてコンビニまでフラフラ出かけてなけなしのお金で買う辛いカップラーメンとお菓子。

お腹がすいたら寝るしか選択肢がなかった高校時代からすればそりゃ太るだろうな。

 

どこにも書けずにいた最近について少しだけここにだけ書きます。

 

BabyKingdomっていうバンドの追っかけを最近してます。追っかけって言い方が正しいのかは分からないけど。

 

たまたまYouTubeで見つけて、5月に仙台でライブをすることを知ってチケットを買うも合宿で行けず。ヤケクソで東京のファイナル公演にいったのが皮切りでした。東京に行った時のことは前に記事で触れたはず。

 

そのファイナル公演で夏のツアーの発表があり、勢いだけで申し込んだ3公演が当選して、うち2回も夜行バスに揺られて東京へ、くらいのハマりぐあいです。

 

お金、時間だけじゃなくいろんなものを犠牲にしてライブにいったけど、それでもいいって思えるくらいに好きで辛い。楽しくて辞められない。

 

バンドのコンセプトがミュージックテーマパークで、世界中の人を笑顔にしたいってMCで言ってた。

もちろん世界の人全員を笑顔にすることなんて無理だけど、それでもライブに来た人が笑顔になってくれて、その笑顔になった人がまた別の人を笑顔にして、少しでも多くの人が笑顔になれたらいいなって言ってた。

 

どこのバンドも言ってる綺麗事だし、笑顔にするとかありふれているけど、

少なくとも私の人生でライブに行っていた数時間は本当に本当に幸せな時間だった。

 

メンバーが言うように、笑顔にしてもらったわたしは誰かを笑顔にしなきゃいけない。

そう思って最近意気消沈どころか放棄気味だった学業と音楽を真面目にやろうと思った。

絶対提出できないと思っていたレポートも提出できたし、帰省して稽古出てお祭りでも演奏してきた。

また次のライブにいきたいとおもって、死ぬほど嫌なバイトにも這いつくばって行っている。

 

学校辛い、と思ってソファでうずくまっている時にちょっとだけYouTubeでメンバーががんばってる動画を見る。ぜったいにいけないと思った日でも遅刻すれば行けるようになる。

 

 

ボーカルがツアー中に喉を壊してしまって、それでも病院通いながらツアーやり切って、ファイナルでバラードをわざとアカペラで歌って、俺のダメなところ全部見てくださいって言ってた。

今まで自分のこと器用でなんでもできると思ってたけど、自分の弱い所を認めたくなかっただけで、ホントは死ぬほど弱くて、でもそんな弱い自分をさらけ出して頑張るからついてきて欲しいって言ってた。

 

 

こんな事言うの申し訳ないけど、めちゃくちゃわかるって思ってしまった。私も私がなんでも大体やれば出来てしまうと思っていて、大学入って前期で自分がいかに出来ないかを実感出来た。

 

メンバーがこんなに頑張ってるのに、頑張ってない私が会いに行っていいはずないなって思って

辞めたくてたまらなかったサマキャンをやり切った。

諸事情あって手がやけどくらい痛かったけど大絶叫しながら70人分の食器を洗った。

 

 

忘れていた色々を思い出させてくれたのがBabyKingdomです。

 

なんのためにくそ高い学費払ってまで大学に来たのか、絶対出来ないと思った一人暮らししようってまで決意したのか。

 

思い出せたから後期もやれるよ私。

 

 

昨日ホームシック発動して死にかけたけど、今も死んでいるけど、あしたから肘折温泉に行きます。

 

 

今から洗濯してパソコンでやるタスクいっここなして帰省してから廊下に開きっぱなしのキャリーケースを入れ替えます。

 

 

 

コンプレックス大カーニバル

コンプレックスで頭の中が渋滞している。

 

せっかくくらいうちに布団に入ったのに結局寝れずにまた外が明るい。

 

 

髪を切って染めたらめちゃくちゃ変にされてそれでも何とかセットとか化粧とかして頑張って自分に似合うようにしていたのにバイト先の社員さんに髪の毛明るい方が似合うよっていわれた。イコール今の似合ってないってことですよね。わたしもそう思う死んできます。

 

 

私なんかがいなくても地元は楽しそうだし楽しいことする人はたくさんいるので私なんか居なくていいしむしろいない方がいい。

なんか帰る気失せた。

 

学校で干されても家出しんでこいって言われても食い下がって生きてきたのが全部無駄だって言われている気がするこれ。

 

真面目に死にながら学校行っても大学に行っても、そうじゃない人の方が幸せそう。

前に書いた逆学歴コンプレックス

正当な学歴コンプレックスと会い極まって死にそう。むしろ死なせてくれ。

 

勉強がしたいのに勉強を妨げるようなことばっかり起こるしそれのせいで鬱でまた勉強できなくて鬱だし、

最近勉強して叶えたい夢までどうでも良くなってしまってるから死んだ方がいい。

 

帰りたいけどどこに帰っていいのかすらわかんない。

おやすみ

過去も期待していた未来も眩しすぎて目がくらむのなんてしょっちゅうだけど 

今はビンタして現実に引きずり戻してくれる人がいないそれだけ。

人間と来て生きるのに向いていない。

 

来世はアイドルのプロデュースがしたい

 

何になりたいかがわからないし大切だと思い込むことでしか自分と地元を肯定できないけど

死ぬ迄太鼓がやりたいとだけは思った。多分これは13年くらい続けた意地とエゴだけだけど

 

目の前にエサを吊るしていないと歩けもしなくなってしまったのか。

 

ただ自由に夢をえがけていた高校時代と変わって、自分で現実と付き合って生きていかなきゃ行けなくなった今とても辛い。夢の見方を忘れてしまった。

 

永遠に目覚めたくないけど目覚まし時計は9時にセットしてある。

冷蔵庫ってなんでこんなにうるさいの?

 

だれかピザ用チーズ1キロかってください。

あと咳が出るのでブロンと金パブも買ってください。それといっぱいはいってるシートタイプの化粧おとしと鉄板カッターが今すぐ欲しいです。

 

 

先月頑張って働いたのに給料37000しか入ってなくて絶望した。

今月は多分もっと少ない。