備忘録

備忘録をかねたアウトプット

フルサト

2019年4月7日、気仙沼大島大橋が開通する。

 

いつかの全国ネットでしわしわのおじいちゃんが「生きてるうちに通ってよかった」って泣いてる動画を見たことがありませんか。

 

60年も通すか通さないかなんてやっていたらしい。

 

60年たって今、橋がかかるらしい。

 

 

 

大学の入学式が5日なので、開通式のためにそうそうに帰省することになるのはちょっとおもしろい。

 

複雑な気持ちでいる。

 

私にとって18年間離島に住んでるのは当たり前の生活で、まあ不便かなと思うこともあったけど特に島を出たいと思わなかった。

 

というか最終便が7時なおかげて夜遊びもせずイイコに高校生を終えようとしていることに関しては本当に感謝している。

 

 

風が吹いたら船は止まるけど、鹿が突っ込んで止まる東北本線とか落ち葉で止まったりするのとかと大差はないのでは?

 

 

少し前に島にコンビニは欲しいか否か、という議論をしたことがある。

 

私以外みんな欲しいと答えたけど私はいらない。

 

夜中に行ける距離にコンビニがあったら絶対におやつを買いに行ってしまうし、そうしたらお金はなくなるし絶対に太る。

無くても今困ってないからいらなくないか、

 

 

特に何か新しいものが欲しいとかは無いけど、SEVENTEENアイスの自動販売機は欲しいかもしれない。

 

 

非日常的で、真っ暗な夜を求めて都会から来る人がいるのに24時間営業のコンビニエンスストアなんか作ったら本末転倒どころかお先も真っ暗な気がする。

 

 

島だからという理由で参入できなかった企業が店を出して、観光地ワンチャン一獲千金でテキトウなカフェを立てる。

 

そうしたら観光客が来そうだから駐車場を作る。

 

都会になって欲しくない

都会のまねなんかして欲しくない

手頃な観光地として消費されて欲しくない

 

 

ただの観光地として消費されるくらいなら大島地区を閉じた方がいいとすら思っている。

 

 

それでも決まり切った架橋というものが、島民の生活を豊かにして幸せにしてくれると願っている。

 

これは60年間願い続けた人の結果であることに変わりはない。

 

私が今どう足掻いたところで橋はかかる。

ダイナマイトで爆破にでも行けば話は別だろうけど。

 

 

「島」でなくなってしまう大島が、「島」であり続けるための在り方とはなんでしょうか。

 

瀬戸内海の島々に勉強にいきたいナ、

 

 

 

60年の人の願いを無下にしたい訳では無い。

急病の患者を早く運べるのも便利に移動できるのももちろん船より橋なことくらい分かる。

 

それでも島に生きてきた歴史を閉じるということの、重みが辛い。

 

 

なんて言ったらいいかわからない。

 

それでも、変わりゆく私のふるさとがふるさとでなくなってしまう気がしてかなしい。つらい。さみしい。

 

 

実はもうすでに私の育ったふるさとは無いに等しい、

 

津波で根こそぎ抉り取られた家の基礎がそのままポツポツと残っていて、

その上に生い茂った外来種の草。

 

毎年黄色い毒々しい花をつけている。

 

 

地盤沈下で沈んた作業場跡

先が沈んだ堤防

浮いたままの歩道のブロック

ホテルの庭の池だったところ

いつまでも仮の土嚢でできた堤防

なくなった砂浜

誰もいなくなった近所

 

あたらしくアスファルトが敷かれても、何千台トラックが行き来しても私の中では復旧すら終わっていない。

 

復興どころか復旧すらしていない。

元に戻らないままで8年も生きている。

 

元あった姿にすら戻っていないのに新しいものを与えられても受け入れられない。

 

 

知らない間にどうしようもない力でふるさとが変えられていくのをただ見ていることすら出来ない、

ことが、1番辛い。

 

 

今すぐに橋を爆破して、偉い人を人質にとってお金をもらって全部全部元通りになんてできない。できるわけが無い。

 

 

60年前の人が何を願ったかなんてもう誰も最初のことは覚えてなんかいないだろうけど、

分かってる、

 

悪くしようとして橋をかけようとしたんじゃないことくらい。

 

 

それでも間違いなく良くも悪くも島に大きな影響を与えることになる、その橋を未だに直視出来ずにいる。

 

 

私は私のふるさとすら救えていない。

 

救うなんておこがましいかもしれないけど、今が無くなってしまうのをただ見ていることは確かだと思う。

 

 

掴もうとしたものがもともと煙でできた幻想だったみたいな気持ちで、

 

私の守りたかったふるさとはどこにいったんですか。失ったものはいつか帰ってきますか。

 

 

死んだ人は帰ってこないけど、消えたふるさとはいつかこの手に戻りますか。

 

 

消えそうなふるさとは、その息をいつか吹き返せますか。

 

 

かなしい。つらい。さみしい。もどかしい。歯がゆい気持ちだけが走って行ってしまって

 

肝心の手も足も出ないまま蹲ることしか出来ずにいる。

 

 

私がどんなに勉強してどんなに頑張っても3000人のふるさとは救えないかもしれないそれでも、

 

あがけるだけあがきたい。

私だけはやりたい。

私だけはふるさとを捨てたくない。

 

 

その気持ちだけでやれるよ、あたし、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰に何億払ったら、フルサトは、かえってきますか、

 

 

 

 

逆学歴コンプレックス2

学歴社会でしたっけ。

 

そんなの無くなればいいのにってのをみて、

サワサワしたので。

 

 

 

学歴って言わばそいつのやってたきたことで間違いはないじゃないですか。

 

例えば偏差値70のギャンギャンな大学出てたらそいつは間違いなく勉強はできる。

 

でも大学はでてない、高校も中退したのちに通信で卒業。って言われたら客観的に見てその人を始めてみた時にその人の能力を図る術がないんです。

 

たった1回の就職試験より、その人の4年間なり6年間なりの結果のほうが信憑性が高いのは当たり前。

 

その学歴を買うために時間と金を費やしたことに間違いはない。

 

 

学歴社会はやめろとか格差とか、それで給料に差付けるなとか聞くと、

私がこれから1000万も課金して大学にいくのバカバカしいって言われてるみたいで虫唾が走る。

 

 

学歴のために金と時間をかけているんだから、給料が高くなるのなんて当たり前じゃないんですか?

 

何も自分を証明するものがないのに、さあ!評価してくれ!なんて言う方が間違ってると思います。

 

 

アメリカのことも中国のこともよく分かりませんし、日本のことだってよくわかりませんけど、

 

日本人の殆どは大学進学をしていて、専門学校とかを含めるともっと高い確率で高校より上の学校に進んでいる中、

 

学歴なんて、って言ってしまうことがいかにリスキーなのか。

 

学歴がなくても輝けている人は、学歴をないがしろにしている訳では無いと思う。

 

「学歴がないから」輝けていないのではなく、学歴なんていらないと思っているから、

輝けてないんじゃないの。

 

要らないわけないじゃない。

いるからみんな必死こいで勉強して金稼いで毎日学校に通ってるんだよ。

 

 

そんなことで区別しないでって

そんな事のために勉強してる私たちってバカ?

 

 

できるだけ客観的な目で判断するために学歴フィルターを使わざるを得ないのは、一般企業にとって当たり前で

いちいち受けた全員をじっくり観察してお話して、なんてやってられないんだよ。

 

 

学歴では評価されたくないってことは、学歴ではないことで評価されたいということで、

 

学歴で評価されずに生きたいのならもっと自分の評価してもらえるポイントを作らなきゃないし、

学歴っていう証明がないなら能力を証明できるだけの何かを作らなきゃ無い。

 

 

学校に行かないで生きてる人を下に見てるなんて思ってないよ。

むしろ世の中のフィルターに引っかかれないままでも生きてくことを決めて生きてることを尊敬してる。

 

 

わたしはこのまま社会に出たとしても、なんも知らない小娘は誰の役にも立てないと思って勉強の道を選んだので。

 

私はまだそんなふうにに生きれるほど逞しくもないし、能力がある訳でもないので。

女子高校生

として生きられるのも残りわずかとなってしまいました。

まあわたしはその後JDになることが確約されているんですけど。

登校日も卒業式含めあと三日で、補導でもされない限り何も無く卒業できる。

(2月13日に卒業認定会議で電話がかかってきたら死刑)

 

セーラー服を来た女子高校生ということでかなりのこのを優遇されてきた気もする。

そうではないとは思いたい。

 

私の実力であったと思いたいけど。

 

それでも別に制服を着ていなくても大丈夫なときも制服で街中をうろついていたなと思った。

 

 

女子高校生であるという証だった。

その朱印状もあと1ヶ月すぎたらただの痛いコスプレババアに成り下がってしまう。

 

若さに甘えていたい。

 

 

中学生の時もそんなことを言っていた気がする。中学生なのに高校生が沢山いるところにいてすごいね、という定型文が快感で仕方なかったのと同じように、

 

高校生なのに大人顔負けのうんたらという言葉の汁が甘かった。

 

きっと大学生になっても私が私のままで頑張れたら褒めてくれる人はたくさんいるけど

それはもう実力勝負でしかない。

 

若さというフィルターを通さない目に捌かれるのはきっと多分悪いことじゃない。

 

まだ若さと無知に甘えている。

 

学生、という身分である以上保護してくれる大人がいる。

それは多分今と変わらないけど、

 

創造類型という多少は特殊なクラスで2年間生きのびて来たけど、

そんな課研ガチみたいな学科でも生き残れる能力が私にあるかは分からない。

 

 

兎にも角にも女子高校生としてのわたしはあと1ヶ月もしないで消滅する。

 

卒業式からの1ヶ月とすこし、私は何者でも無くなってしまうけど、

何物でもない期間に大学生になれるくらいの心にしておかないとたぶん

 

買ったばっかりのスーツを捨てたくなる。

 

 

母方のバーチャンと洋服の☆山に行って、案の定バーチャンが店員ガン無視で決めたペカペカのスーツ。

私が無地のリクルートスーツはダサいって駄々こねたのでかなり値段のはる可愛い方を買ってもらった。

 

にも関わらず

 

たぶんセーラー服出ないスーツが重すぎて死にたくなる。

死にたくてもわたしが春から住むアパートは1階なので、バルコニーを越えたとしても痛いだけ。

 

そのあとのセーラー服の役目ったら同窓会かなんかの二次会のおふざけやら忘年会のたわむれか、そういう性癖の彼氏の何か以外に無いんだろう。

 

 

昨日とある表彰式に、公共交通機関の関係で遅れて参加したところ、やはり制服の件でいつくか話題を出された。

 

私の高校の制服、実はおばーちゃんとかの時代からかわらず受け継がれてる時代のあるものらしく、お母さんの来てた制服をそのまま来てる同級生も多々。

 

そんな話題を振られたり。

 

一目で高校生とわかる制服が、イイナとおもった、表彰式。

 

それを着る機会もあと3回。

 

 

正直いってセーラー服がめちゃめちゃに好きなので悲しい。もう合法ではなくなる。(セーラー服を着たからと言って違法でもないんだろうけど)

 

春休みにともだちと夏服でプリクラをとりに行く約束をしているので人よりはおおく着れるんだろうけど。

 

 

 

何を伝えたいとか言いたいとか言う訳では無いです。

 

短いスカートを履いているから痴漢に会うんだとかなんとか、スカートはジェンダー的にナントカとか、

だったら全員私服にしろとか何とか、

 

それでもわたしは制服が好きでした。

 

女子高校生である私が好きでした。

 

 

 

紛れもなく女子高校生としての私の価値を高めてくれたものだし、なによりわたしが制服を好きだったし

うまい理由も言いたいことも見つからないけど、

 

 

ママ、制服誰かにあげたりしないでね。

 

逆学歴コンプレックス

学歴コンプレックス︰自身の学歴に劣等感を感じることを表す語。Weblio参照

 

 

どうして私の方が勉強出来るのにしあわせになれないの?

 

高校を辞めたらしい同級生、大学生にはなりたくないけどインターンに行きたい後輩、頭が悪くて進学ができないクラスメイト

 

楽しそうにしているのが劣等感

 

逆恨みってとか妬み嫉みで片付けたら簡単だけど、学歴コンプレックスも嫉妬と劣等感なので片付けずに書く。

 

 

そこそこ名前の通る公立高校を卒業する。

来年からは大学生になる。自信を持って。

 

私が学校行けない日と同じ理由で高校をやめた知り合いがインターンとかなんとかでたのしそうにたのしそうに日々を生きていらっしゃる。 

 

ライターとかやってみようかな、だって。

 

 

心広いモードだとみんなが幸せになれてハッピー!って思えるけどいつでもそうではないです。

 

高校やめたのに楽しそうなんだ。へえ、

私より楽しそう。

 

私はまだ高校を出ないで生きていける世の中だとは思わない。

定時でも通信でも全日でも高校は行くべきだと思っている。

 

経済的な理由とかいじめだとかいう理由ではなく、辞めた人に対して

逆学歴コンプレックスを感じている。

 

 

これは私が全日制高校に進学したことを後悔している気持ちも原因だし、辞めてやろうと思っても辞めると口に出すことすら出来なかったことも原因の1つだけど、

 

 

もうすぐやっと、苦労して卒業するのに

 

 

やめて楽しそうな人を見るとわたしの3年間の勉強がまるで意味の無いようなものに感じる。

勉強なんか無駄で、そんな事しなくてもたのしいって言われている気がする。

 

わたしがくるしいと思っても将来のために勉強している間、コーヒーでも飲んでました?

 

 

私は私を認め続けるために、高校を辞めた人を認められない。

 

 

 

大学生にはなりたくないけど、インターンには行きたい後輩。

 

学生に与えられた職業勉強の機会がインターンでは?

 

大学生以外が行っちゃ行けない決まりもないけど、フリーターがインターンに行ける補償もないよね。

 

大学生になりたくない理由を並べていたけれど

勉強のためにお金か時間、もしくは両方をかける覚悟ないと勉強ってできないものだと思うよ私。

 

前例がないことはいつもパイオニアが切り開くしかないって言うけど

そのパイオニアになる覚悟がありますか、

多方面からの批評批判罵詈雑言に耐えられる自信はありますか、

 

 

頭が悪すぎて奨学金も借りれない。公務員試験も就職試験も落ちまくって地元の全く希望じゃない企業に就職した人。

 

生きてて楽しそうですね。 

私だったらそんなだったら自殺するよ。

なんで私より幸せそうなの?頭悪いのに。

頭悪いだけじゃなくてなんの取り柄もないのに生きてて楽しそうですね。頭がカラだから?

 

 

 

 

最初に言ったようにこれはコンプレックスだし、わたしのただの戯言です。

単に私より幸せそうな人に嫉妬しているだけ。劣等感を感じているだけ。

 

高校に行けない人馬鹿にしてんのか?って喧嘩売られるかもしれないですね。

してないです。

 

わたしがいったのは行かない人であって行けない人じゃないです。

 

ただ自分の怠惰で高校行かないまま定職につかないでお金ないって言うような人は哀れだなあって思いますけど。

 

 

金銭的な理由で高校より上の学校に行けないひとは沢山いるし、そういう人達に何か言っている訳では無いです。

私も借金まみれです。

 

 

 

私は聖人ではないので人を見下しているし優劣もつけているし、人によって態度も変える。

 

人のこと見下してない人なんかいるの?

自分より下がいると思って安心したことがたったの1度もないですか。アイツよりはマシ(笑)って。

 

私今必死にやっているんです。この選択は間違ってなかった。私はまだ頑張れると思うために、コンプレックス利用して何が悪い。

 

 

私は私がいちばんかわいいって、あたりまえだよ。

 

私のことをいちばんかわいがってあげられるもの、死ぬまで一緒なのも私だけなので。

 

私が私のやってきたことを否定する必要なんて全くないのに、逆学歴コンプレックスという形で露呈している。

 

 

あいつのこと否定してないと生きられないなんて悲しい人生だとは思うけど

 

あいつのことを認めてしまったら私を否定することになるので致し方ない。

 

 

負の感情がバネだったとしてもしゃがんでいることに変わりはないので私はジャンプできます。

 

 

 

カリカリからつぶつぶ

犬のカリカリあるじゃないですか。エサの。

あれ食べたことあります?

私はあるんですけど砂の極みで味はゼロなんですよ。

 

でもめちゃめちゃいい匂いというか、ピンポイント食欲アターック!みたいなにおいがする。

 

それでも犬②の方(でかいダックス)にあげるとすごい勢いで食べるし、まてで待たせてるとべろんべろんよだれだらす。

 

そんなに、うまいか?

 

 

犬の嗅覚が人の何万倍だとか、人間は舌が超えすぎているとかいう問題を無視した時

 

ほぼ毎日毎食同じカリカリを出されてもあんなに美味しそうに食べる犬をうらやましいとも思った。

コスパ良すぎ。

 

普通にまあ、あんなにいい匂いのするものを何万倍も嗅覚がある犬が食べれば味よりも匂いが勝って味なんかどうでも良くなるんだろうな、

 

時々あのカリカリを頬張りたい衝動に駆られる。カリカリ歯で噛み砕いてみたい。

 

何事もやってみなきゃだよなあ、と思って小学生の時に食べてみたけど、もしかしたらあれから6年以上経ってるから犬のカリカリの味も変わったかもしれない。

こんど衝動に任せて口に入れてみようかな。

たぶん想像よりあのカリカリって固いんだろうけど。

 

私金魚の餌も食べたことあるんです。

金魚の餌もいい匂いしません?

 

昔出窓のところに50センチ水槽ふたつ置いて、熱帯魚も保育所金魚すくいでとった金魚飼ってたんです。

 

えさやり当番私だったんですけど、あの匂いはThe エサって感じだった。

口に入れたら入れたでじゃりじゃりで変な味でだったけど。

 

金魚たちって何を持ってこれを餌だと認識してるんだろうなあとも思った。

鼻はあるからエサのにおい?でも自然界にこんな匂いのするものがあるのか。

 

熱帯魚用のエサは味のしないかつお節でした。

 

ちなみに犬のクッキーはおいしいし、犬向けの芋とかサラミとか乾きものシリーズは無味。

 

 

なんでお前そんな飼ってるもののエサ盗んでんの、って思うじゃないですか。別にそんなおやつを与えられていなかった訳じゃないし、そんなひもじい幼少期を送っていた訳でもないです。

 

ただ単に粒状のなにかに惹かれるだけです。

 

肝油のドロップがめちゃめちゃすきだったし、はだしのゲンをみて生米を齧るような子どもでした。

 

 

つぶつぶ好きなんだよなあとしか言えなくて、

小さい時好きだったもの

石、砂の中の白と透明の粒、おはじき、ビーズ、アイロンでくっつく円柱状のつぶつぶ

 

 

疑うことなく、粒状。

 

 

そういえば昔キティだかラブandベリーだか忘れてしまったけどそこに集めに集めたつぶつぶたち(米、魚の餌、砂)をコレクションしていたら見つかってめちゃめちゃ怒られた。

 

 

最近というか1年前くらいに、どっかのキッズフェスみたいなのの手伝いに行った帰り、余った中にビーズが入った風船をもらって大歓喜した。ビーズはケースに入れてとってある。

 

 

そういえば中学生の時に行ったつくばの光化学エネルギー研究機構(みたいな名前の施設)で、分子とか粒子の話聞いた時妙に興奮した。

 

 

特に落ちがある訳ではなく、犬のエサがいい匂いすぎるし、私はつぶつぶが好き。つぶつぶみかんのジュースもすき。

 

めざましテレビ占い

現実の壁にぶつかって意気消沈して、

目先の欲に捕われたので学校フケることをきめこんだのに

めざまし占いで12位そのまんまのこと言われて

干支の置物とスキップをおすすめされた。

 

うるせえ。

 

読書好きのみなさまにおねがい

お願いなんですけど面白そうなとかためになりそうなとか見聞が広がりそうな本を教えてください。

 

というのも来月頭に5万円分の図書カードを貰うのでめいっぱい本を買おうと思ってます。

 

2月9日のスクーリングが終わるともう課題もなくて暇になってしまうのでたくさん本を読みたい。

 

山崎亮関連は買い漁ろうと思うし、落合さんの日本進化論は気になったので買います。

デザイン関連の事例集みたいなのも見つけたのでこの機にお買い上げしたいです。

 

新書、小説、自伝、イラスト集などジャンル問いませんのでぜひおすすめ教えてください。

 

この前限界集落株式会社読んで感動しました。