備忘録

備忘録をかねたアウトプット

逃げ

ジュニアリーダーをやらなくなったのは単なる私の逃げです。

 

活動する楽しさよりも辛さの方が上回ってしまって、続ける労力とお金をほかのことに使った方が私にとってプラスになると思いました。

 

 

然の家の人に顔覚えられるのも、周辺の施設の構造を知り尽くしているのも

普通でした。

 

毎月、毎週どこかにでかけて子どもたちにもみくちゃにされて、

 

すきでした。

 

 

何かを語るほどの経験があった訳では無いし、後輩に誇れるほどの技術があった訳でもないです。

 

 

やろうと思ったら、続けようと思ったら続けられることでした。

私が嫌になって逃げました。

 

 

 

やらない、と決めた途端楽で楽で仕方なくて

手伝いに行っていたイベントの報告とか、交流会のツイートをみるたびにさみしくはなるけど

 

そんなのと比べ物にならないくらいやりたくない気持ちの方がおおきい。

 

 

 

 

結局、私は私がいちばんかわいいので

私がつらいことで任意のことはやらないと決めました。

 

純粋で無垢な子どもたちと遊び続けることへの後ろめたさと妬ましさも

その裏側にあるどうでもいい大人達のいざこざも

 

手放しで楽しめるほどわたしは子どもじゃなくなったんだと思います。

 

 

 

やれない理由を環境と人の恵まれなさのせいにするのはあまりに簡単過ぎます。

確かに最悪だなあとは思うけど、やれない理由にするにはどうでもよすぎる。

 

私が、いやだから、やめました。

 

 

 

子どもがこわい。

 

未来ある子どもたちの大事な時間に関わることが怖い。

 

幸せそうな、楽しそうな子どもたちをみて悲しくなる自分が嫌い。うらやましくなる自分が嫌い。

 

大人になれたと思いました私。なれてませんでした。

 

 

この間18歳になりましたが、

まだ私の中見は一緒に寝泊まりした小学生たちよりもずっと幼くて、頭が悪い。

 

その頭の弱いこどもを内に抱えたままでこどもたちと関わり続けるのは耐え難いです。

 

 

むかしむかし、

子どもたちが私のような気持ちになりませんようにとなにかしたいと思っていましたが、

まだまだ自分が子どもなので、まず自分が大人になるべきだと思いました。

 

子どもの私にジュニアリーダーをやる資格はないとも思いました。

 

なのでこれは逃げです。どうぞ責めてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

これはわたしが言えたことではないですが、

 

はやくジュニアリーダーとシニアリーダーが無くなればいいな、と思います。

 

純な気持ちで新田新一郎が始めたジュニアリーダーは今どこにありますか。

 

ジュニアリーダー同士の諍いなんて見たくないし、ましてや大人たちのどろどろした全くこどもたちに必要のない話なんて馬鹿げているとは思わないんですか?

 

たかが会長を決めるために喧嘩して現場にまでその空気を持ち込むなんて、

 

ジュニアリーダーだからそんなことが起きるならはやくなくなって欲しい。

 

行政の下出なきゃ中高生が活躍できないなんてせますぎる。

早く、もっと自由に

 

子どもたちのためになりたい中高生が好きなように活動出来るようになりますように。

 

紙一重

馬鹿と何とかは紙一重って言いますよね。私は後者になりたい。

 

帰りの車でおさつプリッツに夢中になっていたら読みかけの本を車に忘れてきてしまってとても悲しい。あとちょっとで読み終わるところだったのに。

 

 

それが普通だと思っていたけど最近どうにも伝わらなくて自分が特異だと気づいたことがある。

 

 

みんながみんな頭の中で動画が作れるわけじゃないらしい。

 

少し前に夢を見た話をされた。

明晰夢までは行かずとも夢だ、って気づいた夢の話。

その人は夢に出てくるカラーバリエーションが少ない。基本的にいつも同じような色で白黒に近いらしい。

 

 

私もよく明晰夢を見る。

夢の中で夢だと気づきながらもああしようこうしようって夢をやり直したりできるときもある。

 

夢だと気づきながらも自分で操っているせいかとてもよく覚えていて、

たまに夢だったのか現実だったのか分からなくなってしまう。

 

幼少期の記憶をたどってままにこんなことあったよね、っていっても通じない場合が多々ある。たぶんそれは夢らしい。

 

 

本を“読む”っていう感覚が余り無い。

本が勝手にテープレコーダーみたいに読み聞かせしてくれる。

よく本が想像していた声と違う声でびっくりする。未だにこの話に共感してもらえたことがない。

 

字しかない本だとしても本に読み聞かせをしてもらいながら頭の中で動画が流れる。

 

多分その動画は自分の解釈でしかないからあとから物語の映画なりなんなりを見て全然構図が違ってかゆい。

 

物語の出ない場合基本的に著者の声を勝手に想像して喋ってもらっているので本人と会ったりテレビにでているのを見てすごく頭の中が噛み合わない気持ちになってしまう。

 

 

勝手にしゃべってくれるので読むのがとてつもなくはやい(らしい)

 

この前エムズに行った時に「本読むのはやい人は内容を理解していない」って言われてしまった。

 

どうなんだろうか。

別に内容を覚えていない訳では無い。それなりに書いてあったことは覚えているし、もう1回面白かったら読むし、面白くなかったら読まない。

 

たぶん普通に読むより音声として頭に残るからただ読むのがはやい人より覚えていられるのかもしれない。

 

誰かに読み聞かせしてもらっている、ということは私は本当は本が読めないのかもしれない。

 

文字が映像に勝手になってくれるから、本当は文が読めていないのかもしれない。

 

 

少し前にTwitterでそこそこバズっていた、鉄塔が縄跳びしている動画がある。それを見て勝手に頭の中でドシンドシンってきこえないひとときこえるひとがなんちゃら~みたいな。

私は後者だったけど、詳細についてあんまりおぼえてない。動画が面白いからぜひ調べて欲しい。

 

 

なんでもない所に音声と動きをつけるのが得意かもしれない。

 

今日、読んでいた本の紙がそろっていなくて(新書にありがちな紙のずれ)それがとても嫌で

「これジャギジャギなのちょういや。」

っていったら凸凹だよ、、って言われた。

 

擬音がほかの人と少し違う自覚はあるけど、そんなにジャキジャギだめすか?ジャギジャギしてないすか? 

ジャギジャギだと思うんだけどなあ、、

 

 

 

これを読んでいるような方は深テンが何かをご存知でしょうか。

へんな高校生とそこのOBOGが集まってたまに電話してたりする変なグループです。

 

そのグループ内に現実の二次創作的なメンバーを登場人物とする、続きもののssがある。

 

もうしばらく長いことやってて、メインストーリーを書いてるのは別の人だけど、私もサイドサトーリーとしていくつかssを書いている。

 

その書き方の話になった。

このセリフをこの人に言わせたいがためにストーリーを考えるタイプ

オチから先に考えるタイプ

描きたい内容が先に浮かんでそれに肉付けするタイプ

 

私は簡単な場面と登場人物をきめたら、あとはみんなが勝手にしゃべってくれるタイプ

 

お恥ずかしいことに昔某小説サイトでイキリ倒していた時代があった。

その時も勝手に登場人物が喋っていてくれたような気がする。

 

確かに展開を考えるために動向は考えるけど、基本的には喋ってくれたことを文字に起こしているだけ。

どなたでもいいので共感者が欲しい。

 

私の頭には小人が住んでいるんでしょうか。 

 

私の頭に住んでいるあなたと、ほんとうのあなたが食い違っていたらとても申し訳ない。勝手にキャラが独り歩きしてしまわないように、ちゃんと僕はこれが好きです。私はこれが嫌いですって教えて欲しいです。

 

 

 

なんの話しをしたかったのかと言うと、誰かに私は他の人と違いますか?と問いたい。

 

共感者を得ることが出来ていない事の方が多くて、

それは単に私が関わっている人が狭いだけなのかもしれない。

 

これを読んでいる人で共感してくれる人がいたら、その人について分析すると、それは私を見つめ直すことにもなるのかもしれない。

 

 

東京に行った時にデザイナーさんの家にお邪魔させてもらった。

その時にジャンプする鉄塔の動画を見せたら音がすると言っていた。

 

どういう人が音がするとかは忘れてしまったけど何となくわかる気がする。

 

 

頭の中で想像した出来事は動画になる。

妄想癖があるのは単に妄想が具体的に捗りすぎるから?

 

 

思ったより多くの人から共感が得られて、私が普遍に埋もれるならそれより嬉しいことはないと思う。

 

変な人なら変な人なりの生き方があると最近思って開き直り始めてはいるけど、

世界が狭いくせに変な人だと自分を決めつけて生きたくは無い。

 

普通だとしても、その普遍に埋もれてしまわない個性を自分で見いだしたいと思う。

 

なんとかとなんとかの紙の表と裏にある人達は、絶対にその普通の型にはハマらなかった人なんだろうな。

 

 

 

普通なら普通なりに変なことをしたいし

変な人なら変な人なりに後者だと呼ばれるように生きたい。

 

 

後ろ向きに後ろに進む

もっと前向きになんてなれないけど

後ろ向きに後ろに進んだらそれは前に進んだことになる…?

 

クラスメイトがもっと前向きになりたい、マイナス思考やめたいって言っていたけれども、私は後ろ向きでもいいと思う。

 

前に進む必要は無いと思う。

 

コツコツやるのも大事だとは思うけど、私得意じゃない。

 

ラソンみんな100キロ走らなきゃないんだったらコツコツすこしずつでもすすむのが1番効率的なんだろうけど

たぶん私は多分全力疾走したり途中で道に穴掘ったり寝てたりしてる。

 

みんな100キロでゴールなら絶対に怒られるけど別にみんなゴールが一緒なわけじゃないし

坂道か平たい道かもわからないし。

それはそのコースは知ってる人にしかわからないから他の人がもっとコツコツやれとかペースあげろとかいう話ではないなあ。

 

あの人見たく前向きにならなきゃと思う必要もないし、

あの子みたいにもっと進まなきゃと思う必要も無い気がする。

 

 

まだ全然仲良くなれてないけど、あの子は着実にペースを落とさないでカツカツいくタイプなんだろうなあ。

 

 

人生を道に例えるとかあまりにも陳腐すぎて面白くない。

 

それでも何となく自分は不格好でもいいから好きなように走りたいと思った。

 

昔なんかの動画で見た、AIが算出した最も効率のいい走り方っていう変な走り方があって(絶対に効率悪い)

そういう変な走り方でいい。

 

フォームとか靴とかにこだわってる暇があるなら進みたい。自分の進める時にできるだけ走る。疲れたら休む。

 

 

それこそ、後ろ向きだったとしてもそのまま後ろに進めば前に進んだことになるんだよなあ。

べつに。

 

ポジティブになる必要も

プラス思考になる必要も

楽観的になる必要も

前向きになる必要も

情熱的になる必要も

必要以上に頑張る必要も実はないのかもしれない。

 

 

どこまでも後ろ向きだしすぐ辞めたくなってしまうしすぐ冷めてしまうけど

本当に続けたいことは続けられているし頑張れてもいるから別にそんなに重要な事じゃなさそう。

 

 

だって今日も生きている。

死ぬ死ぬ詐欺も辞める辞める詐欺も常習犯無期懲役レベルだけどまあ生きてるし辞めてない。

 

多分案外人生は適当でも諦めても進むものなんだと思う。

 

もっと肩の力抜いて生きたい。

 

生きるのに向いてない

私だってアレルギー酷すぎて外で遊べなくて担任になんで元気なのに外行かないんだ仮病だっていびられたくなかったし好きなものくらいもりもり食べたかったし動物触りたかった。

どれもこれもそれも呼吸が出来なくなるくらいですぐ死ぬもんじゃないけど

好き嫌いだと思っていたものは本当は食べてはいけなかったものが最近知った。

好き嫌いだろって無理やり口に突っ込まれていた給食のバナナもカキもキウイも本当はだめだったらしい。

私だって整理整頓されたロッカーと机の中がいい。

今思い返したら保育所のお道具いれる引き出しも常につっかえてたし小学校のお道具箱もロッカーも最悪だった気がする。

最悪に乗じて悪ふざけかなんかで私がめちゃくちゃ嫌いな男子のクーピーをロッカーに入れられていたけどそもそも物が多すぎて分からなくて授業参観で来た母親になにこれってめちゃめちゃ殴られた気がする。

分かってくれていると思っていた友達がわたしの机マジ汚いから無理って机から少しはみ出てしまったプリントベラベラしていたと聞いて死にたくなった。

ちょっとした事でパニックになんかなりたくない。色鉛筆が二本無くなっただけで癇癪起こしかけた勘弁してくれ。臨機応変なんて知らないからすぐ過呼吸になるし、何も考えられなくなって結局泣き出してしまう。泣いてもどうにもならないのわかってるから怒らないでほしい私だって考えようとしてるよ。忘れ物もしないようにたくさんメモしてるけどメモしたことを忘れてしまう。1個ずつ確認しても忘れ物してしまう。なんで。なんで。

算数の宿題のプリント持ってこれなすぎて2年生の時に次忘れたら1年生行けって言われたけど持ってこれたのその次だけだった。

頑張ってプリント無くさないようにファイリングしてるのに授業じゃない時にプリント渡されるとファイルがその場にないからプリントもなくす。

 

 

 

すがわら、生きてるのに向いてないねって言われたそうかもしれない。人間に向いてない。

 

それでも毎日息をしてご飯を食べて寝て生きているから毎日自分のささくれを自分で寝かせている。いいこいいこ大丈夫。

 

 

 

 

やることがつめつめで余裕が無い。

 

余裕が無いとミスも増えて

忘れ物してしまうのも期限を守れないのも私が悪いのに全然責められないから申し訳なくなってしまう。

 

さっき課題研究の最終発表会が終わった。

(途中で抜けてきた)

1年の時からやってきたのも終わりなんだと思うとなんか嫌。嫌だけど終わってよかった。

 

 

ずっと焦っている。息する暇がないくらい、あせらなくていいところであせっている。

 

泣いていなかったのに昨日の夜ボロボロないてしまって

ドライヤーかけながらしゃくりあげた。

 

泣き疲れて久々にはやくねたとおもったのに

明け方緊急地震速報とガタガタとで起こされてからずっと膝が笑っている。手が冷たい。

 

やれるはずのことができなくて

机から物落としまくって忘れ物しまくって

周りの席のひとに拾ってもらった。

 

ずっと浅息ついてまゆげが八の字になっていた。

2年生の先生にめっちゃ眉毛ハチ!!!っていわれた。はずかしい。

 

前髪が伸びてきて、ヨコに流すのが好きなので切らずにいるけどそれすら焦りを掻き立てるのでデコ前回でいます。

 

 

なんだか最終発表会も説明もあやふやのままふわっと始まったので始めるタイミングを逃してたじたじたじたじ

 

評価に来た先生が怒ってる気がして誰も見ていない。英語間違ってる?へんなことかいてた?私の顔へん?いつ喋ればいいの?そもそも喋れない声出ない

って過呼吸ぎみで手びりびり。

 

ともだちたすけてくれたので2回目からはできたけどまだガタガタ

 

嫌いな副担任と迷惑かけまくっているメンバーと3泊4日なんて

息吸えないたすけて。

 

バスで涙目です。

たすけてくれた友達が朝くれたアルフォートとココアおまもりにしてがんばる。

 

デコぜんかいにSのすけがくれたピン大活躍アリガト。

 

うえうえ

まゆげがはちだよ~

 

火垂るの墓

小学生の時に好きだった。

映画も何回も見た。本も何回も読んだ。

 

なんとなく図書室で見つけてまた読みたくなって借りた。

 

昔読んだとかは西宮の小母さんが嫌いだった

孤児に大して冷たすぎやしないか、あまりにも非常過ぎないか、現金すぎないか。

 

それでも今考えてみると、もしかしたらあの時代何も無い時に孤児2人家に入れてめんどう見てやるのはかなりの情だったんじゃないか

幼さゆえの非常識さとか

なんとか

 

前とは違う気持ちで読んだ。

おとなになったのかもしれない。単に考えが変わったのか。余計なことを知ったのか。

 

 

 

 

わたしも18歳になってしまった。

ポストには選挙権がどうのってハガキがとどいていた。

どうやら大人になったらしいし出来ることも途端に増えたらしい。

 

いつまでも頭の中か5歳か6歳の子どもと変わらないままなのに時間だけがすぎていくきがして辛い。

 

誕生日はいつもなんだか怒られてばかりだった気がするけど、

たぶんきっと誕生日だからといってとくべつな気持ちでいるから普段なら忘れてしまう嫌なことも記憶に残ってしまうんだと思う。

 

もう来年から誕生日祝うのやめます。

 

高校1年の誕生日に帰宅したら母が足を折って立てなくなっていた。

一昨日足をまた怪我したひと。

 

誕生日に足を怪我される。

 

誕生日やめます。

 

 

11月くらいに気づいたら肉でも食べに行こうと思います。

 

 

半分冗談でともだちに誕生日プレゼント味のりがいいって言ったら本当にくれた。

普段私の食べるものを観察していたみたいで、一時期ハマって米より食べていたお菓子をくれた。

 

 

 

誕生日おめでとうがおめでたいことなのか今疑問なのでFacebookもLINEもそこそこしか返してないですごめんなさい。

やることに追われて心に余裕が無い。

 

活性炭(追記)

なんだか仲の良い人達とても調子悪そうで

私大好きなのでがんばるけど

ちょっと気持ちが沈んでしまうので

もっと強くなりたい。

 

みんなのことビッチリ支えられるくらい強くなりたい。

私が弱すぎ。

 

 

 

まだまたみんなが合格していないのなんて分かっているので騒がないようにしているのに

 

もう受かったからいいでしょみたいな事を言われるともだめでだめでしかたない。

つらい。

 

別に受かったからと言って高校が終わる訳でもないし、

むしろ卒業のためだけに高校に通い続けるモチベーション探しの方がたいへん

 

合格してもまだ家を出ることに対する葛藤とか申し訳なさに勝てた訳では無いし

受かったからと言って毎日遊んで暮らせる訳でもない

 

コンクールもまだあるしそれなりにめいっぱい生きている。

原因のしれないストレスと焦燥感でバテバテで休んでばかりだし風邪をひきやすい

毎日寝すぎるか寝れないかで頭が痛い

昨日も寝れなかった

 

毎日が辛い合格したからいいなんて言わないで欲しいやめて欲しい